今日は卒業生の王鯤鵬(オウクンホウ)君が学校に遊びに来てくれました。
彼は2014年4月に本校に入学し、現在はPG(プログラマ)として働いています。
もっと経験を積み、立派なCE(システムエンジニア)になることを目指しています。

入社してからシステム開発の勉強をし、今は現場を一人で任されるまでになりました。

彼はこう言っています。
「日本で働くのに一番大切なのは、ずっと真面目に働くこと。」
「自分の間違いを認めて改善し、素直な気持ちで受け止める。
 そうすれば周りの信頼を得て良い関係が築ける。」
 人間関係が最も大切だ。」

彼はもともと真面目な性格ですが、
本校在籍時代も授業態度も良く、勉強もアルバイトも真面目で周り信頼を得ていました。
その結果が今に繋がり、これからも大きく成長していくのでしょうね。

「新亜は自分の家のようで、先生達も親切で本当に楽しかった。」
「堺は住みやすいので大好き。今後も堺に住み続ける。」
と語ってくれました。嬉しい限りです(^^)/

今の生活が楽しいです、日本に来て良かったですと話す彼の目は輝いていました。

月日はどんどん流れていきます。
どんな毎日を過ごすのも、どんな人生を歩むのも自分次第。
他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。

これからも頑張って下さいね♪